意味のある作業
OF-4 がん 4 9月24日(日)9:00~10:00 第 5 会場
OF-4-2
PDF
終末期の急性骨髄性白血病患者に対するmeaningful occupationの文化的側面に焦点を当てた作業療法の実践
壱岐尾 優太 1) , 佐賀里 昭 2) , 吉田 佳弘 1) , 東 登志夫 3)
1) 長崎原爆病院リハビリテーション科 , 2) 信州大学医学部保健学科 , 3) 長崎大学医歯薬学総合研究科医療科学専攻
 
OH-2 精神障害 2 9月22日(金)13:30~14:30 第 4 会場
OH-2-2
PDF
「行きつけの喫茶店に行く」ための支援により作業遂行と作業参加が改善された統合失調症の一事例
古屋 慶一郎 1) , 松岡 太一 1) , 崎本 麻衣 2) , 及川 裕也 3) , 川口 敬之 4)
1) 医療法人財団青山会 福井記念病院 , 2) リンクよこはま訪問看護ステーション , 3) 医療法人社団大成会 長汐病院 , 4) 北里大学医療衛生学部作業療法学専攻
 
OJ-4 高齢期 4 9月23日(土)15:40~16:50 第 7 会場
OJ-4-1
PDF
地域に住む要支援高齢男性の日常生活における価値を置く作業の特徴に関する質的研究
中嶋 克行 1) , 坂上 真理 2) , 坂上 哲可 1,3) , 仙石 泰仁 2)
1) 札幌医科大学大学院 保健医療学研究科 , 2) 札幌医科大学 保健医療学部作業療法学科 , 3) 日本福祉リハビリテーション学院
 
PJ-1B 高齢期 1 9月22日(金)11:00~12:00 展示ホール
PJ-1B01
PDF
「もう一度,自分で作りたい」という和菓子職人に対する作業療法
―頸椎後縦靭帯骨化症手術後に,和菓子店の再開を目指した取り組み―

谷岡 三千代 , 柳井 俊一朗 , 山田 明子
社会医療法人尾中病院 リハビリテーション室

PJ-1B02
PDF
作業に焦点を当てた介入および情報共有が他職種連携に及ぼす影響
渡邉 悠香 1) , 渡邊 愛記 2) , 川口 敬之 2) , 碓井 篤 1) , 二宮 宣文 1)
1) 社会医療法人社団正志会南町田病院 , 2) 北里大学 医療衛生学部作業療法学専攻

PJ-1B03
PDF
作業的公正を考慮した多職種協働
―介護老人保健施設における高齢男性の事例―

川又 寛徳 1) , 小林 法一 2)
1) 介護老人保健施設楢葉ときわ苑 リハビリテーション部 , 2) 首都大学東京 大学院人間健康科学研究科

PJ-1B04
PDF
認知症高齢者に作業を実施した群と作業を実施しなかった群の比較
―前向きコホート研究―

山田 孝 1) , 小林 法一 2) , 篠原 和也 3) , 會田 玉美 1)
1) 目白大学 大学院リハビリテーション学研究科 , 2) 首都大学東京 大学院人間健康科学研究科 , 3) 介護老人保健施設回生の里

PJ-1B05
PDF
「娘が笑っている姿をみたい」と語った女性の母親役割の再構築に向けて
渡部 雄太 1) , 井口 知也 2) , 山田 孝 3)
1) 社会福祉法人 高陽会 介護老人保健施設 さくらの丘 , 2) 大阪保健医療大学保健医療学部 , 3) 目白大学大学院リハビリテーション学研究科
 
PM-1B MTDLP 1 9月22日(金)11:00~12:00 G408
PM-1B01
PDF
身障系急性期病院における患者の意味のある作業の同定はどれ程可能か?
阿部 真也
富士重工業健康保険組合太田記念病院 リハビリテーション部
 
PN-1A 地域 1 9月22日(金)10:00~11:00 展示ホール
PN-1A03
PDF
東日本大震災後のある仮設団地における意味ある作業の開発
―震災経験のインタビューから見た避難所と仮設団地3年余の暮らし―

宮前 珠子 1) , 鈴木 達也 1) , 山田 美代子 2) , 佐野 哲也 3) , 山下 拓朗 4)
1) 聖隷クリストファー大学 , 2) 静岡英和学院大学 , 3) 浜松医科大学医学部付属病院 , 4) 菊川市立総合病院

Back to Top